わんぱく君のふわふわ日記

tora43917.exblog.jp
ブログトップ

惜別   近所の銭湯

先日、街を歩いていたらわんぱくの住む森の近くにある銭湯に「閉店しました」と張り紙がしてありました。
わんぱくはこれには大変驚きました。
ここの銭湯はちょこちょこ落語家さんを呼んで「銭湯寄せ」なる企画を行っており、それなりに繁盛している様子でした。
わんぱくも一度は銭湯寄せを見たい、と思っていました。
それに年に何回かは実際にお風呂に浸かりに来ていたからです。
ショックです。本当にショックです。
「あぁ、これで入れるお風呂がまた一つ減ってしまった」と思うと悲しくなりますし、“街のシンボル”としてのお風呂屋さんの煙突が無くなる事も残念に思います。
この銭湯が何故無くなったのか?
それはわんぱくにも分かりません。駅近で比較的立地条件は良かったはずなのに………。(?)
これでわんぱくの知る限りでは、この街にある銭湯で3つ目の閉店となり、残りは2店となってしまいました。
時代の流れとは言え、これでまた一つ、「昭和」という時代が消えていくのかと思うと本当に寂しいです。
しかし、今や時代は「昭和」から「平成」になり、既に29年も経ちました。
いい加減に「昭和」と言う時代を忘れた方が良いのかもしれません。

ちなみに、この銭湯に併設されているコインランドリーにはほぼ毎週の様にお世話になっています。
ここのコインランドリーは他の処と比べて50円安く、しかも水道が整備されている為、洗濯機に洗濯物を入れる前に下洗いが出来る、というかなりの好条件でした。
(ちなみに他店では水道設備が無い為、下洗いは出来ません)
本業の銭湯が無くなってしまった、と言う事はもしかしたら、こちらのコインランドリーも無くなってしまうのではないか?と不安な毎日を過ごしています。
何とか残して貰えないだろうか………。
星に願いを込めて、祈るしかありません。


[PR]
トラックバックURL : http://tora43917.exblog.jp/tb/27905930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ad-sunafkin | 2017-06-19 01:15 | その他 | Trackback | Comments(0)

ふわふわとした毎日を送っている私の日記帳です


by ad-sunafkin